申告の方法

| 未分類 |

 

個人事業税は個人が事業をおこなっている場合に納付しなければいけない税金です。この税は事業をおこなうためには行政が提供しているさまざまなサービスを利用することになるので、それらの経費の一部を負担してもらおうという趣旨のもとに設けられています。税率は業種によって異なり、課税所得金額に税率を乗じたものが納める税額となります。
この個人事業税は、税務署側が提出された資料をもとに税額を算出する賦課課税方式を採用しています。この方式は個人事業税以外に不動産取得税や固定資産税などの算出にも採用されていますが、税を徴収する側が一方的に税額を決定するので、申告税方式のように節税のためのさまざまな計算方法や規則を適用することはできません。ですから自治体などから送付される賦課決定通知書に従って税を納付することになります。
一般的によく知られているように、個人事業主の場合、確定申告を青色申告とすることで所得税や住民税が軽減される優遇措置を受けることができます。配偶者や親族に支払った経費を全額控除できる専従者控除や、3年間は赤字を繰り越して控除することのできる制度がその代表的な例です。しかし個人事業税については上記のとおり申告税方式で決定されるものではありません。したがって個人事業主が青色申告制度を利用している場合は、年間の所得額に青色申告による特別控除額を加算して税額を算出することになります。