納付方法は賦課課税方式

| 未分類 |

 

個人に課される道府県民税と市町村民税をあわせて個人住民税と呼ぶことがあります。個人住民税の納付方法は、他の多くの地方税と同様に「賦課課税方式」が採用されています。これは自治体の方で税額を算定して、納税義務者にその税額を通知するという方式です。
賦課課税方式による税金の納入方法には「普通徴収」と「特別徴収」があります。「普通徴収」は納税義務者が自ら納税を行う方法です。この方法の場合、自治体は納税義務者に対して納税通知書などの書類を送付し、納税義務者はそれに従って期日までに納税をします。手続きは自治体で指定している金融機関やコンビニエンスストア、税務事務所などの納税窓口で行うことが出来ます。この方法は、主に給与所得者以外が個人住民税を納める際に用いられます。
これに対して「特別徴収」は、納税義務者に対して給与を支払っている事業者が納税義務者に代わって納税する方法です。この方法では、事業者は各納税義務者の給与から納めるべき税額を差し引いて、期日までに納税義務者全員分の税金を一括して納めます。給与所得者の個人住民税については、原則としてこちらの方法がとられます。また、所得税の源泉徴収義務を負っている事業主は、個人住民税についてもこの方法により徴収を実施する義務を負うことが地方税法や自治体の条例で規定されています。