個人住民税って?

| 未分類 |

 

個人住民税とは市民税と県民税を合わせたものです。
これらは前年中に所得のあった人に課税されるもので、年末調整をして年内に精算される所得税とは異なり、前年の所得に対して翌年の6月以降に納税が始まるものです。

年末調整時に会社の給与担当者が作成する源泉徴収票と同じものを税務署およびそれぞれの人が1月1日時点で住んでいる各市町村に提出しますが、これをもとに各市町村が納税額を計算します。
納税額についても所得税と異なり、各市町村で基準がありますので、所得が同じ金額でも納税先の市町村によって納税額が異なることがあります。

この納税については、計算された納税額をもとに会社員などは給与から天引きする形で納める特別徴収と、自営業や退職者、給与天引きされない人などが自分自身で郵送された納付書に基づき納める普通徴収というものがあります。

市民税を徴収する際、県民税についても各市町村に納めることになっていますし、仮に市町村をまたいだ引っ越しをしたとしても、決定された納税額の支払いまでは、前に住んでいた市町村に行います。
つまり会社員であれば、6月に前年の所得に対する住民税の控除が始まり、7月に引っ越しをしたとしても翌年の5月まで支払う住民税については金額、納税先ともに変更はありません。

こうして納められた住民税は各市町村の重要な財源になっています。