個人事業税って?

| 未分類 |

 

個人事業税とは、個人事業をしている人の収入に対して課せられる税金で、法人税に近い性質を持っています。中には該当しない事業もありますが、ごく一部となっており、基本的には個人事業をしている人ほぼ全てにかかってきます。事業所を解説している地域の都道府県が管轄となっており、確定申告をしている人の場合は、特に都道府県に別途申告や手続きをする必要はなく、毎年8月に納税通知書が届き、8月と11月に納付書を使用して収めるか、引き落としにしている場合には指定した口座から引き落としがされます。税額はこちらで計算する必要はありませんが、事業所得・不動産所得+所得税の事業専従者給与額-個人の事業税の事業専従者給与額+青色申告特別控除額-各種控除額×税率となっています。青色申告の場合には、専従者給与は全額控除対象となりますが、白色申告の場合には配偶者は86万円、それ以外は一人50万円が限度となってます。また、青色申告の10~65万円の控除は対象となっていませんので、その額をくわえる必要があります。さらに、年間290万円の事業主控除があり、営業時期が一年未満の場合には、これを月割りで計算した額が控除されることになっています。